HACCP認証協会の経営理念  | 【公式】総合衛生管理HACCP認証協会

経営理念

衛生管理に求められるのは総合力、安心安全の証明がHACCPです。

宇宙食の開発から生まれたHACCPは、今では世界基準の衛生管理手法として奨励されています。

中小企業が大手企業と取引するためには、食の安心安全の証明が必要です。

「食中毒の発生は会社の終わり」

HACCPに取り組む事で、お客様への品質を担保し、従業員を守ることができます。

HACCP認証協会は、中小企業のための低コストHACCPをCODEXガイドラインに

準じた独自のHACCP手法で総合的な衛生管理を実現しています。



HACCP認証活動方針・目標

食品安全マネジメントシステム(FSMS)の規格に基づき公平かつ正確な判断により

  • ・コンプライアス(法令遵守)
  • ・アカウンタビリティ(任務遂行責)
  • ・インテグリィ(正直・誠実)
を実行し、食品安全の見える化を推進していきます。

総合衛生管理 HACCP認証株式会社
代表取締役 中山 博友

活動方針期間:2017年6月1日~2018年5月31日
このページのトップへ戻る