総合衛生管理HACCP認証協会ではHACCP(ハサップ)の第三者認証およびHACCPの取得のための支援活動や
HACCP取得のためのコンサルティング業務、食品事業者に対する食品衛生の向上や自主管理体制の確立のための指導を行っています。
HACCPの取得でお困りの際は、HACCP認証協会までお気軽にお問い合わせください。

HACCP認証協会からのお知らせ 一覧を見る

2018,02,05 実践大学 第30回HACCP実践大学のご案内
2018,01,31 実践大学 第29回HACCP実践大学のご案内
2018,01,05 実践大学 第28回HACCP実践大学のご案内
2017,11,10 実践大学 第27回HACCP実践大学のご案内
2017,10,26 実践大学 第26回HACCP実践大学のご案内

HACCP取得の流れ

詳しくはこちら »

HACCPとは?

HACCPとは?

HACCPとは、1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式です。HACCP=Hazard Analysis Critical Control Pointの頭文字からとったもので、「危害分析重要管理点」と訳されています。
食品の国際化を背景に、原材料、製品などが国際的規模で流通する中で、従来行っていた最終食品を検査する方式では危害を十分に防止することは困難になってきます。その安全性を確保するには、工程・加工・流通・消費というすべての段階で衛生的に取り扱うことが必要となり、食品製造行程中に危害防止につながる重要管理点をリアルタイムで監視・記録していく「HACCPシステム」が国際的に推進されています。
米国やカナダでは食品の一部においてHACCPが義務化され、EUにおいても同様に水産食品や食肉製品などの製造施設にHACCPを義務として導入することになっています。東南アジア諸国などでは輸出用食品を製造する施設では輸入国の規制と意向に合わせる形で、HACCPシステムを導入するところも増えています。
このように衛生管理方式にHACCPシステムを導入することは多くの国々で受け入れられており、世界的同一システムの導入が望まれるようになってきています。
HACCPとは?をもっと詳しく>>